2016年02月21日

かいぼりって何だろう?〜井の頭公園で自然を学ぶ

今日の隊集会は、近隣にある井の頭公園で行われている「かいぼり」を通して身近な自然を学びました。

いつもの西荻窪駅前に元気に集合した後、井の頭公園までミニハイキングです。1列で遅れずに歩きます。

image-fc60f.jpeg
  
image-c44f6.jpeg

「かいぼり」とは、従来、農地等のため池では農閑期に水を抜き、魚を捕獲したり護岸の補修や点検等を行ってきました。これらは、ため池の機能を維持するために欠かせない管理作業の一つでした。
近年では、都市部の公園池などで、自然の浄化能力を活用した水質改善や、外来魚を駆除することによる生態系の回復を目指した「かいぼり」が行われる例が増えてきています。

井の頭公園でも、複数ある池を幾つかに分けてかいぼりを行っています。いつものスワンボートもお休みです。
隊集会のこの日も、池の中で作業されている方々の様子を見たり、ボランティアの方々から「かいぼり」の説明を受けたりして身近な自然の事を学びました。

かいぼりをすると池の中から自転車やパソコンなどの大きなゴミや、家で飼えなくなった外国の魚などがたくさん出てきます。ビーバースカウトもこれらの池の中から出てくるものが井の頭公園の自然を壊していることを勉強できたと思います。

image-9f39a.jpegimage-38fc9.jpegimage-813fe.jpegimage-2f3ad.jpeg
  
かいぼりの後は、井の頭公園の中にある水生物館で、水の中に居る生き物たちを観たり、触ったりして自然の触れ合いました。
  
自然と、自然の生き物たちを大切にしようと言う思いをおみやげにして、井の頭公園を後にしました。
  
image-663d1.jpegimage-55e16.jpegimage-ca0bb.jpegimage-9d785.jpeg

posted by 杉並6団BVS隊 at 13:45| Comment(0) | 隊活動